デンタルリンス

デンタルリンスとは口内洗浄液の事です。歯磨きの後のコーティングの為に使用するものが人気です。

歯磨き後に濯ぐだけと簡単ですが、夜使用してから寝ると朝の口内のネバネバが取れています。

デンタルリンスを使用しているのとしていないのでは爽快感が全く違う為、一度使用し始めると病みつきになり止められない方もいるそうです。

また、歯垢を取り除く作用があるデンタルリンスは口に含んで濯ぐだけです。

ブラッシングをしなくても口内の浄化、口臭予防や歯肉炎を防ぐ殺菌効果があります。使用していると口内炎が減ったという人もいるようです。

デンタルリンスをしたあとに、水で口の中を濯ぐ必要はない為とても簡単です。

しかし、完璧な歯のケアを考えると、歯磨きでのブラッシングは必要不可欠です。つまり、歯磨きをした後にデンタルリンスを使用する場合が多いということです。

デンタルリンスは現在需要が増えてきています。またデンタルリンスは種類がいくつかあるので用途に合わせて使い分けると良いでしょう。

マウスウォッシュの効果は歯周病に有効? その3

ウエルテック コンクールクリーニングジェル(ソフト) 40g(医薬部外品)

クロルヘキシジンが含まれる製品を使っていると歯の着色が気になることが多いそうです。

理由は簡単で、クロルヘキシジンには色素などが沈着しやすいからだそうで、そのためコンクールシリーズにはクリーニングジェルもセットになって販売されています。歯の着色が気になってきたら一度こちらを試してみるのもいいかもしれませんね。

コンクールシリーズはこちら

商品名
商品画像
商品名と概要
コンクールF
ConCool コンクールF うがい剤 
ウエルテック コンクールF 100ml(医薬部外品)

ムシ歯の発生や進行の予防、歯肉・歯槽膿漏などの歯周病症状の予防や口臭の防止 に効果的と言われています。

ジェルコートF
ウエルテック ジェルコートF 90g(医薬部外品)
ウエルテック ジェルコートF 90g(医薬部外品)

低発泡の歯磨き剤です。フッ素コート剤としても使用できるのでこれ一つで2つの効果がある歯磨き粉です。

クリーニングジェル
ウエルテック コンクールクリーニングジェル(ソフト) 40g(医薬部外品)
ウエルテック コンクールクリーニングジェル(ソフト) 40g(医薬部外品)

歯の着色を除去する歯磨き粉。歯の表面をあまり削らないのに、汚れを取ってくれる歯の表面に優しい歯磨き剤です。

リぺリオ
ウエルテック コンクール リペリオ 80g■歯肉活性化歯みがき剤■(医薬部外品)
ウエルテック コンクール リペリオ 80g■歯肉活性化歯みがき剤■(医薬部外品)

歯肉を活性化させ、歯周病でやせた歯ぐきなど歯周組織の回復を助けてくれる歯みがき剤です。

マウスウォッシュの効果は歯周病に有効? その2

クロルヘキシジンが配合されたマウスウォッシュはというと、楽天市場のランキングでも常に上位表示されていて歯科医師のサイトでも紹介されている「ウェルテック社のコンクールF」が有名です。

それでは一番人気のマウスウォッシュ「コンクールF」にはどれくらいの濃度のクロルヘキシジンが入っているのでしょうか?

調べてみました。結果、クロルヘキシジンの濃度は0.05%と非常に低い濃度で製造されているようです。

アレルギーなどの副作用を考えて低濃度で製造されているらしいですが、一応歯周病菌の研究では「0.1%以上のクロルヘキシジンン濃度がないと歯周病菌を殺菌することができない」と考えられているので、コンクールFが本当に歯周病に効くのかといえば、歯周病の研究結果をもとに理論的に考えると「効かない」ということになるのかもしれません。

ということから、私自身の結論はというと、日本で発売されているマウスウォッシュはあくまでも毎日のお口のケアで補助的に使うことで効果がでるのではないか?ということです。

歯周病の効果的な予防と対策は、定期的な検診で歯石を除去して専門的な歯のクリーニングを行うことと、毎日の正しいブラッシングケアが大切であることはどの歯科医医師でも口にすることです。

クロルヘキシジン配合だからといって、それだけでマウスウォッシュを過信せずに、毎日きちんと歯の手入れを行っていく事が大切なのだと思います。

マウスウォッシュの効果は歯周病に有効?

ConCool コンクールF うがい剤 

ConCool コンクールF うがい剤 

歯周病予防に効果があると言われるマウスウォッシュですが、はたして本当に歯周病に効果があるのでしょうか?

そこで今回はマウスウォッシュの真相に着目してみました。

まず歯周病なのですが、これは歯周病菌による歯の周りの病気のことです。なので、歯周病のもととなる歯周病菌をやっつける必要があるわけです。

そこで、歯周病菌に有効な成分を調べてみました。すると、現時点ではクロルヘキシジンという成分がどうやら有効に作用することが分かっているみたいです。

これは、アメリカのADA(アメリカ歯科医師会)とFDA(日本の厚生労働省みたいなところ)が「歯周病予防に効果がある」と認めていることからも間違いなさそうです。

ただしそれなりの濃度が必要みたいで、歯周病菌を殺菌するためには0.1%以上のクロルヘキシジンの濃度がないと効果がないという研究上では考えられているようです。

歯周病予防を予防するデンタルリンス ウエルテック コンクールF

歯周病予防のデンタルリンスはウエルテック コンクールFがおすすめです

市販の洗口液が歯周病に対してあまり効果がないのに比べ、ウエルテック コンクールFには、虫歯に効く「フッ素」や歯周病に効く「クロルヘキシジン」が含まれています。いまのところ、歯周病にはクロルヘキシジンが有効であることが認められています。

そのため、それ以外の成分がいろいろ入っているデンタルリンスを購入しても、虫歯や歯周病に効くかというと残念ながら医学的根拠がない状態です。歯医医師に相談すると分かりますが、歯科医師には市販の洗口液を勧める人はあまりいないと思います。
「歯周病予防を予防するデンタルリンス ウエルテック コンクールF」の続きを読む…