親知らずを抜くということ

親知らずの治療においては、抜糸が一番確実な方法です。

 

生え方にもよるのですが、親知らずはその時大丈夫でも、いつか炎症を起こしたり、他の歯に悪影響を及ぼす可能性が高いからです。

 

抜いてしまえば、そんな心配がなくなります。

 

ただ、親知らずは抜くのも簡単ではありませんね。抜いた後の痛みは、人によっては耐え難いほど激しいものです。

 

また、抜いた場所が腫れたり、傷がなかなかふさがらないこともあります。

 

顎の感覚にしばらく違和感を感じることもありますし、中には上顎洞へ感染が広がり鼻が炎症を起こすこともあるそうです。

 

少しでも異常を感じたら、すぐに歯科医院に相談してください。

 

親知らずを抜いた後は、しばらく生活にも気をつけなければなりません。まずは安静にすること、それから傷口の消毒に歯科にきちんと通うことです。

 

口をゆすぐ時にはかさぶたを取らないように静かに行うようにして下さい。

 

親知らずを抜くと言うことは大変厄介なイメージがありますが、きちんとケアをしておけば大事に至ることや痛みが長引くことも少ないでしょう。

 

ただし、少しでも違和感が残るようなら放っておかずに歯科医院に相談してください。

 

 

 

コメントを残す