親知らずをほっておかない

「親知らず」は、名前もすごいですが、放っておくと大変なことになる歯なのです。

 

親知らずのトラブルには激しい痛みが伴う場合がほとんどですが、少しでも痛みを感じたらどんなに忙しくてもすぐに歯科を受診して下さい。放っておいてはいけません。

 

親知らずは生えてくる時に必ず周辺が腫れてくるそうです。

 

腫れと共に痛みが出てくるのですが、ひどくなると口が開けられないほど炎症が広がってしまいます。

 

中には細菌の感染が顎の下に広がり、顔全体が腫れたり発熱や倦怠感を訴える人も少なくないそうです。

 

ここまで症状が進んでしまうと、もう歯科ではなく口腔外科を受診する必要があります。

 

とにかく早く診てもらわないと大変なことになるのです。驚くことに、中には親知らずの炎症が心臓にまで達するケースもあるそうです。

 

歯の痛みとは言え、軽く考えてはいけません。痛みを少しでも感じたらすぐに歯科医院を訪ねて下さい。

 

親知らずで病院に行くことをためらってしまうのは、親知らずは抜かなければならないと言う誤った考えが広まっているからかもしれません。

 

確かに、炎症がひどい場合や虫歯になりやすい場所に生えてきた時には抜くこともありますが、必ず抜くわけでもないのです。

 

炎症を抑える治療だけして、歯は残す場合も多いです。

 

 

 

 

コメントを残す