無痛治療と呼ばれる物

歯科医院でも無痛治療が導入され始めているそうです。

 

歯科における無痛治療とは一体どんな治療方法なのでしょうか。本当に痛みから解放されるのでしょうか。

 

そもそも歯科治療においては麻酔が使われています。ただし、麻酔を刺す痛みが苦手な人も多いのです。

 

そこで、無痛治療では、麻酔に、これまでの3分の一の細さの針を使っているのです。これなら、刺しても痛みはほとんど感じないようです。

 

針が細いだけに薬剤が入るのに時間がかかるのですが、電動注射を使うことで麻酔を入れやすくしています。

 

また、麻酔を注射する場所にあらかじめ塗る麻酔を施しておくことで痛みを軽くする方法も使われています。

 

どうしても針を刺されたくない人には、口から吸入する麻酔薬も使われます。静脈鎮静法と呼ばれる、精神安定剤を使う方法もあるそうです。

 

それから、治療の時に大きな音がしない器具や痛みの少ない器具も開発されています。

 

最新の器具では、空気で歯を削るものや、レーザーを用いたものもあるそうです。

 

つまり、無痛治療とは、麻酔方法や治療器具を工夫することで、患者の痛みをギリギリまで軽減させる方法です。

 

痛みを感じずに歯の治療を受けらるのは本当にうれしいですが、それより前に、虫歯にならないように日頃から心がけることが大切です。

 

 

虫歯治療について

虫歯治療の基本方針は最近ずいぶん変わってきています。

 

少し前までは、少しひどい虫歯や大きな虫歯は抜いてしまう傾向が強かったようです。でも、最近は、残せる歯はできるだけ残す方向で治療が行われています。

 

もちろん、歯茎まで炎症が進んでいる場合など、抜く以外に方法がない場合もありますができる限り抜かない方針です。

 

抜いてしまった歯は元には戻らないからでしょう。以前は歯を抜いてしまったせいで噛み合わせがおかしくなった人もいたようです。

 

最近の虫歯治療は大きく分けて3段階に分かれています。虫歯の症状の程度によって違ってくるのです。

 

早期の小さな虫歯は、削って殺菌処理をし、穴を樹脂でふさぎます。ごく簡単に終了します。やはり、早めの対応がお勧めです。

 

少し進んだ虫歯は、削って殺菌処理をするのも1度の通院ではできないことも多いです。

 

金属や樹脂などで歯の上からかぶせるものを作ってできてしまった穴をふさぎます。金属素材のかぶせものは、いわゆる「銀歯」です。

 

大きな虫歯や深い部分まで進んでしまった虫歯は、治療にも手間がかかります。神経を取る必要があることも多いです。

 

削る部分も大きく、殺菌も大変です。かぶせものも大きな物が必要になります。治療には麻酔が必要なことも多く、費用も高額になります。

 

いずれにしても虫歯治療は早期発見がカギになります。ですから、予防も兼ねて、普段から定期的に歯科院を受診しておくと良いでしょう。

 

フッ素の塗布や歯磨き指導でオーラルケアができますし、虫歯も見つけてもらえます。

 

大人になると自分から出かけなければ歯の検査を受ける機会がありません。気づいたら深刻な状況に陥っていたと言うことにならないようにして下さい。

虫歯になりやすい人

歯磨きを毎日3回欠かさずにしているのに虫歯になりやすい。そんな人はいませんか?

 

歯磨きだけではなく歯科医院で歯石取りやフッ素塗布などプロの手入れを受けていると虫歯にかかる確率はずっと低くなるようです。

 

でも、自分だけの手入れでは、どんなに歯磨きをきちんとしていても虫歯になりやすい人が出てしまいます。

 

歯磨きをしているのに虫歯になる時には、どんな原因が考えられるのでしょうか。

 

歯磨きをしているのに虫歯になってしまう人の多くは歯並びに問題があります。歯並びが悪いと歯磨きがきれいにできないのです。

 

歯ブラシだけではなくデンタルフロスなどを併用しても、完璧にきれいにするのは難しいことがあります。

 

歯並びが原因で虫歯になりやすいのなら、まずは歯科医院で噛み合わせや歯並びのチェックをしてもらうと良いでしょう。

 

完璧に治さなくても、ほんの少しの矯正で劇的に磨きやすくなることもあります。

 

それから、歯ぎしりをする癖があると虫歯になりやすいようです。食生活にも原因がある場合があります。

 

洋食が多いと、虫歯になりやすいと言われています。

 

和食には虫歯の菌を分解する働きのある食べ物が多いので、どちらかと言えば和食を心がけたほうが良いようです。

 

また、肩こりや頭痛持ちの人にも虫歯が多いと言われています。パソコン仕事の人にも虫歯が多いようですが、直接的な原因は分かっていません。

 

 

 

親知らずを抜くということ

親知らずの治療においては、抜糸が一番確実な方法です。

 

生え方にもよるのですが、親知らずはその時大丈夫でも、いつか炎症を起こしたり、他の歯に悪影響を及ぼす可能性が高いからです。

 

抜いてしまえば、そんな心配がなくなります。

 

ただ、親知らずは抜くのも簡単ではありませんね。抜いた後の痛みは、人によっては耐え難いほど激しいものです。

 

また、抜いた場所が腫れたり、傷がなかなかふさがらないこともあります。

 

顎の感覚にしばらく違和感を感じることもありますし、中には上顎洞へ感染が広がり鼻が炎症を起こすこともあるそうです。

 

少しでも異常を感じたら、すぐに歯科医院に相談してください。

 

親知らずを抜いた後は、しばらく生活にも気をつけなければなりません。まずは安静にすること、それから傷口の消毒に歯科にきちんと通うことです。

 

口をゆすぐ時にはかさぶたを取らないように静かに行うようにして下さい。

 

親知らずを抜くと言うことは大変厄介なイメージがありますが、きちんとケアをしておけば大事に至ることや痛みが長引くことも少ないでしょう。

 

ただし、少しでも違和感が残るようなら放っておかずに歯科医院に相談してください。

 

 

 

親知らずをほっておかない

「親知らず」は、名前もすごいですが、放っておくと大変なことになる歯なのです。

 

親知らずのトラブルには激しい痛みが伴う場合がほとんどですが、少しでも痛みを感じたらどんなに忙しくてもすぐに歯科を受診して下さい。放っておいてはいけません。

 

親知らずは生えてくる時に必ず周辺が腫れてくるそうです。

 

腫れと共に痛みが出てくるのですが、ひどくなると口が開けられないほど炎症が広がってしまいます。

 

中には細菌の感染が顎の下に広がり、顔全体が腫れたり発熱や倦怠感を訴える人も少なくないそうです。

 

ここまで症状が進んでしまうと、もう歯科ではなく口腔外科を受診する必要があります。

 

とにかく早く診てもらわないと大変なことになるのです。驚くことに、中には親知らずの炎症が心臓にまで達するケースもあるそうです。

 

歯の痛みとは言え、軽く考えてはいけません。痛みを少しでも感じたらすぐに歯科医院を訪ねて下さい。

 

親知らずで病院に行くことをためらってしまうのは、親知らずは抜かなければならないと言う誤った考えが広まっているからかもしれません。

 

確かに、炎症がひどい場合や虫歯になりやすい場所に生えてきた時には抜くこともありますが、必ず抜くわけでもないのです。

 

炎症を抑える治療だけして、歯は残す場合も多いです。